敷金礼金ゼロの賃貸情報

東京・埼玉・横浜の人気エリアの賃貸マンション・アパート情報満載!

東京、埼玉、神奈川の敷金礼金ゼロの賃貸物件を探す

アップル・アパマンドットコムはアパマンショップFCアップルの公式サイト

  • 営業時間 9:00~19:00 / 1-3月は毎日営業中
敷金ゼロ・礼金ゼロのお部屋をお探しの方はこちらからどうぞ

敷金礼金ゼロ物件なら引越しの初期費用が安い

「敷金・礼金ゼロゼロ」物件なら、賃貸契約の初期費用が安く済みますね。

 

・引越ししたいけど手持ちのお金が少ない…。」

・貯金はなるべく使いたくない…。」

・かわいい家具や最新便利な家電を買うのに費用を充当したい!」

などなど、そんなあなたに、敷金無し・礼金無しの賃貸物件を東京、埼玉、横浜の各アリアで特集いたしました。賃貸条件自体に敷礼がない物件はもちろん、通常契約と、ダブルゼロ方式といって、敷礼なして賃料が異なる契約形態の物件もあります。

 

あなたのライフスタイル応援する「ゼロゼロ物件特集」で、素適なお部屋を見つけましょう。

エリア別で敷金礼金ゼロの物件を探す

東京のゼロゼロ 埼玉のゼロゼロ 横浜のゼロゼロ

敷金礼金ゼロの賃貸物件のメリット

敷金礼金ゼロの物件のメリットについて解説します。もともと、単に初期費用が安いということで、敷金礼金ゼロの物件に興味を持っていた人でも、今まで知らなかった意外なメリットを発見できます!

 

 

①賃貸契約にかかる初期費用が安い

定番のメリットですが、従来は敷金礼金だけで、3~4ヵ月以上かかっていた契約の初期費用が、ゼロになるわけですから費用負担は大きく下がります。

たとえば、5万円の家賃の物件の契約条件が、「敷金2か月・礼金1か月」だった場合、15万円ですが、「敷金礼金ゼロ」であれば、15万円も安くなるわけです!

 

②手持ちの貯金を崩さなくてよい

毎月毎月、お給料からコツコツためた貯金を引越しのタイミングでできることなら崩したくありません。上記のように、家賃5万円の敷金礼金が2カ月1か月の物件だと15万円ですが、毎月15,000円を貯蓄していた場合は、なんと10か月分です。10,000円を貯蓄していた場合は、1年5か月分の貯蓄額となるわけです。「敷金礼金ゼロ」の物件であれば、1年余りの節約の成果である貯蓄額を大きく崩さなくてよいわけです。

 

③気軽に引越しができる

上記と関連しますが、初期費用の大きな部分を占めるのが敷金と礼金です。それが、ゼロなら、部屋を探して引越ししようと思い立って、お金の問題で取りやめたりすることもありません。

 

④部屋のグレードアップが可能

敷金礼金が設定されていることを前提に考えていた場合、初域費用が安くなるのであれば、その分を毎月の家賃に回すことも可能です。その分家賃を高くしますから、物件自体のグレードアップも可能となります。

 

⑤家具・家電の購入資金にする

敷金礼金がゼロであれば、その浮いたお金で、かわいい(かっこいい)家具や、最新機種のパソコン(Macとか!)、大型テレビなどを購入することもできます。

 

⑥引越し業者さんに依頼して楽々引越しできる

敷金礼金がゼロであれば、引越し業者さんに荷物の搬出から新しいマンションの部屋への運び込みを依頼できます。自分一人とか友人に依頼したりすると引越し作業の素人なので、とにかく効率が悪いです。重い荷物の持ち運びは大変で、壁にぶつかっって傷つけたり、落としてだ時なものを壊したりしかねません。

しかし、引越し業者さんなら、見事に軽やかな動きで荷物を運んでくれます。敷金礼金ゼロなら、浮いたお金を引越し業者さんに依頼するお金に充当できます。

敷金礼金ゼロ物件のデメリット

いいことばっかりの敷金礼金ゼロというばかりではありません。ある人にはメリットでも別の人にはデメリットになることもあります。また、勘違いによって「こんなはずじゃなかった…」なんてことにならないようデメリットになる可能性がある部分に関してもしっかり把握して借りる・借り内の判断をするようにしましょう。

 

 

①敷金礼金ゼロにしないと決まらない物件?

そもそも人気がない物件で長期間空室が続いて、家賃も下げるところまで下げて、それでもまだ入居者が決まらないので、仕方なしに「敷金礼金ゼロ」にしている物件かもしれません。

 

②2パターンの契約形態のうちのひとつが「敷金礼金ゼロ」である

同じ物件で、通常の敷金礼金ありの募集方法と、敷金礼金ゼロにして家賃を割り増しするという契約パターンがありますが、それ自体はデメリットではないのですが、敷金礼金がありでも家賃が安いほうがいいという人も当然いるわけで、選択肢がない(知らない)まま、「敷金礼金ゼロ」物件を契約しないようにしましょう。

 

③短期解約違約金が設定されている

敷金礼金ゼロの物件では「短期確約違約金」というものが設定されてるケースがあります。一般的には、1年未満の解約では2か月分、1年以上2年未満の解約では1か月分の解約違約金が設定されています。(物件によって異なります)

上記と同じように、これ自体は問題ありませんが、このことをよく理解しない、または説明を受けずに契約してしまい何らかの事情で、2年以内に解約した場合にトラブルになるケースがあります。そもそも契約前の重要事項説明や契約書の条項にあるはずですが、部屋探しを探している段階である程度の内容を把握する必要があります。

 

④リフォーム代金、クリーニング代金が契約時または退去時に請求される

例え敷金礼金ゼロの物件でもふぃろーむ代金やクリーニング代金が設定されているのにもかかわらず、定められた説明がないまま契約すると不意の請求となりトラブルになります。契約に関する費用などは必ずきちんと確認しましょう。

 

また、設定自体がないのに退去後に大家さんや管理会社から請求されるケースがあります。通常使用による原状回復に関する費用は原則は貸主負担になるので、特約など設定・規定がない場合は突っぱねることも可能です。

 

しかし、自分の故意過失が原因である汚損・破損(汚した、壊した)があった場合は、これは拒否することはできません。借主に責任がある場合の汚損破損の原状回復にかかる費用は内容によって一定割合を負担しなければならないという責任があります。

 

⑤入居審査が厳しい

敷金礼金ゼロの物件の場合、大家さんや管理会社側からの見解ではいわゆる「不良入居者(滞納予備軍)」が入居してしまうというリスクが発生します。一定の社会的信用(勤続年数、所得など)が、少ないと入居審査が通らないこともあります。

 

また、短期解約違約金を担保するため保証会社と連携して指定のクレジットカードで家賃を支払うケースもあります。この場合、過去の支払い履歴に滞納などがあると審査が通らないことがあります。(プライバシーの保護のため、不動産会社には審査内容の詳細はあかされず、審査の可否しか知らされません)

 

アパマンショップ ダブルゼロのご紹介

アパマンショップダブルゼロとは、「敷金礼金ゼロ物件」を取扱い物件数を増やし、お客様にたくさんのゼロゼロ物件をご紹介可能にしたサービス商品なのです。一般的には、ゼロゼロ物件とは、敷金をゼロ、礼金をゼロにした物件です。傾向として、こういった物件は(すべてがそうではありませんが)、そうでもしないと、なかなか決まらない物件だったりもします。

 

しかし、アパマンショップダブルゼロの素晴らしいところは、敷金・礼金が通常に設定され募集している物件でも、たとえピカピカの新築物件でも、適用物件であれば、賃料としてわずかに金額を上げることで、敷金・礼金をゼロにすることも可能、つまり2WAYの借り方を選択ができるというものです。(携帯電話の契約形態に少し似ていますね。)

 

こうすることで、月々の家賃の支払いは問題なくできるけれど、とにかく最初に支払う契約金として、まとまったお金がない人にはとてもうれしいサービスなのです。もし、敷金礼金ゼロゼロ特集で、気に入った物件が無ければ、リクエストメールを営業店にお送りいただき「アパマンショップダブルゼロ」で契約できる物件ありませんか!?」と依頼してみましょう。

 

※注意点※

「アパマンショップダブルゼロ」は2年契約を前提にしておりますので、2年未満で解約では規定の短期解約違約金が発生します。詳細は、営業マンまでお気軽にどうぞ。