更新情報!【間違いだらけの部屋探し】☞『一人暮らしのメリット、デメリット』深掘り解説中!
【PR】チャンネル登録してね♪
YouTube『アパマグTV』配信中!
アップルアパマンの公式YouTubeチャンネルです。このチャンネルでは、賃貸物件情報、失敗しない部屋の探し方、賃貸生活の知恵などの動画を配信しています。

賃貸物件のシャッターのメリットの解説

賃貸物件のシャッターのメリットの解説をします。

賃貸アパートやマンションを探すなら、シャッター(雨戸)がある物件がおすすめです。その理由は安心、安全、快適な賃貸生活を実現できるからなのです。

それでは、深掘り解説をいたします。

シャッター

防犯に強い

シャッター付き物件は侵入窃盗犯の犯行を高確率で防止できます。いわゆるどろぼう被害を防止できるのです。

侵入窃盗犯は、多くの場合、玄関ではなく、ベランダ側のサッシのガラスを割り、クレセント錠を開錠し室内に侵入してきます。

シャッターを閉めていれば、これはきっちり防げます。

金切りばさみやガスバーナーなどで、シャッターを物理的に突破することはできないわけではありませんが、それには大きな音が出てしまいます。こっそり忍び込むことが必須の窃盗犯にとってはリスクが高すぎます。

つまり、シャッターを閉めておけば、そもそも窃盗犯には狙われないのです。

台風などの暴風に強い

近年は温暖化の影響からか、台風などの勢力がものすごく強く、激しくなっています。そのような環境下で、シャッター付き雨戸が強さを発揮するのは「暴風」に対してです。

一般のサッシはガラスで、そのままの状態だと、暴風で飛んできた街にある様々なもの、例えば、傘や植木鉢などなど(何が来るかわからない!)が、ガラスをたたき割って飛び込んできます。割れたガラスから、雨風が吹き込んでくる状態になります。

台風が来る前の対策として、サッシのガラスにガムテームをクロス張りにしたり、板を貼ったりします。これらをすることで、被害を軽減することはできますが、そもそも、台風の前後の作業も非常に大変です。

シャッター(雨戸)がある物件であれば、しっかり、閉めておけさえすれば、それを防げるというわけです。

万一、飛来物がシャッターにあたった衝撃で、傷やへこみが発生した場合は、退去時の原状回復費用の請求対象にならないよう、速やかに管理会社に申告しておきましょう。

快適性が高い

前述の台風のリスクは年に数回あるかないかです。

ここでは、シャッターが、普段の生活の様々な場面で「快適性」を高めてくれる部分を説明します。

結露の軽減

まずは、結露の発生を大きく抑えてくれます。冬の窓ガラスに着いた結露。そのままにしておくとカビの原因になり、最悪の場合健康被害の恐れもあります。ペアガラスも結露を抑えてくれますが、シャッターも、その効果は高いのです。

結露の発生する原因は、サッシのガラスが外気の冷たい空気に冷やされ、室内の暖かい空気中の水蒸気が液体としてくっついている状態を作り出すことです。

シャッターをしけておけば、ガラスのシャッターとの間に空気の層がワンクッション出来ます。そのため、直に冷気がガラスに伝わりにくいため、結露は軽減されるという仕組みです。

 

冷暖房の効率アップ

シャッター付きの物件は、冬の冷気、夏の熱い空気に対する遮熱効果により冷暖房の効率をアップしてくれます。電気代の抑制、地球環境にも優しいといえます。

前述の結露の抑制と同じような理屈ですが、シャッターを閉めることで、空気の層を作り出します。冬の冷気、夏の熱い空気にガラスがさらされるのをワンクッションおいてくれるのです。

冬場に関して:
日当たりのよい部屋は、太陽光を部屋に取り入れることで暖かくなります。シャッターを閉めると太陽光の暖房効果のメリットを受けれなくなるので、状況に応じて判断してください。

 

外からの騒音の軽減

シャッター雨戸付き物件は外の騒音を軽減してくれます。

騒音の軽減の理屈も、「結露」、「冷暖房効率アップ」と同じです。

騒音は空気の振動で伝わってきます。シャッターがあることで、サッシのガラスと、シャッターの間には空気のとシャッター自体の物理的な壁が、空気の振動を軽減します。そのため、サッシのガラスのみの部屋と比較すると騒音は軽減されます。

賃貸物件の立地は様々です。幹線道路沿いの交通量が多い立地、線路が近い立地など、少しでも騒音を軽減するのを期待するのであれば、シャッター付き物件をお勧めします。

騒音はセンシティブな部分もありますので、補足します。
シャッター付きの方がガラスのみのサッシと比較して騒音が軽減されるのであって、防音効果があるものではありません。

シャッター付きの賃貸物件の探し方

賃貸物件のシャッター雨戸付き物件のメリットをご理解いただけたでしょうか!?

さて、メリットはわかったら、実際に「賃貸ならシャッター付き物件を検討したい!」というあなたの為に、該当物件をどのように探すのかを説明します。

検索サイトでの探し方

いわゆる賃貸ポータルサイトでの探し方を説明します。

大手の賃貸ポータルサイトのSUUMO、ライフルホームズ、アットホームではこだわり条件で、「シャッター」の項目は残念ながら設定されていません。

アットホームでは「電動シャッター」という項目がありますが、極めて登録件数が少なく、本ページのテーマとニュアンスが異なります。
なので、マニアックな探し方となりますが、下記に説明します。
  • ホームズ…「キーワードで絞り込む」
  • SUUMO…「フリーワード」
  • アットホーム…なし

ホームズやSUUMOでは、キーワード、フリーワードで探すという仕組みがあります。これは、物件ん情報の中のコメントに含まれるキーワードを抽出してくる機能です。

キーワード検索 ホームズ
フリーワード検索 SUUMO

ここに「シャッター」や「雨戸」を入力して、ピックアップすることができます。但し、物件情報のコメントなどにこれらの言葉がかかれていなければ、表示されないので、その点は注意してください。

不動産会社にリクエスト

「シャッター」が、こだわり条件の絞り込み項目に設定されていないので、不動産会社に直接、部屋探しの条件をリクエストするのが最も効率が良いです。

シャッター付き物件希望と伝えても、それだけでは営業スタッフに伝わらないので(^^;)、希望のエリア、家賃、間取り、設備、こだわり条件を合わせて伝えます。

100%希望に合う物件があることはなかなか難しいのが現実ですが、一方で、サイトに掲載されていない物件の情報も提案してくれたりするメリットもあるので、是非、活用してみましょう。

 

注意するポイント

このページではシャッター付き物件のメリットを解説したわけですが、それに固執すると、本来の目的であるよいお部屋探しを実現することができなくなってしまう恐れがあります。

立地や、家賃、設備などは総合的に検討し選択しましょう。希望の条件のうち、絶対譲れないもの、あればラッキーなもの、あっても無くてもいいものなど、自分の中で整理しておくとよいですね。

又、部屋探しが初めての人の場合、そいういったこだわりさえも分からにケースも少なくありません。その場合は、営業スタッフに相談したり、本サイトの記事を参考にしたりしてください!

 

アップルアパマン公式SNS
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アパマグの更新情報をタイムリーにGETしよう!
アップルアパマン公式LINEアカウントのお友達募集中

アップルアパマン公式LINEアカウントはお友だち募集中です。

アパマグに掲載の記事の更新情報はもちろん、スタッフおすすめ物件情報などを配信しております。ポータルサイトでは得られないオリジナルコンテンツで、あなたの賃貸ライフを明るくハッピーにしてください♪

※個別トークは配信されませんので、情報を受け取るだけです。ご安心ください。

スポンサーリンク
間違いだらけの部屋探し
シェアする
アパマグ