RAさとみ第216話「一人暮らしが不安」公開中!
【PR】チャンネル登録してね♪
YouTube『アパマグTV』配信中!
アップルアパマンの公式YouTubeチャンネルです。このチャンネルでは、賃貸物件情報、失敗しない部屋の探し方、賃貸生活の知恵などの動画を配信しています。

賃貸物件で自分でつけたエアコンは退去の時に買い取ってもらえる?

賃貸物件を解約時に入居者様が、「自分で購入して取り付けたエアコンを買取ってくれませんか!?」という提案をいただくことがあります。

ここでは、賃貸借契約上の一般的な見解と、買取どころか、注意しなければならない点もありますので、ご説明します。

エアコンの写真

退去の時の買取依頼

お客さん
お客さん

このエアコン買い取ってもらえませんか?次の引越し先がエアコンついてるので、これもう必要ないんですよね…。

スタッフ
スタッフ

申し訳ございません。ご自身で取り付けたエアコンは撤去していただきたくお願いします。

このような感じで、エアコンの買取に関しては、結論から申しますと、そのご提案はお受けできないのがほとんどです。

その理由は…。

原状回復義務

そもそも、エアコン設置する時には、事前に賃貸人(大家さん)または、物件の管理会社に承諾を得る必要があります。その承諾の前提で、「退去時には賃借人(借主)は退去時には撤去をする」という取り決めがあります。

いわゆる、「原状回復義務」と呼ばれています。一般的には、「原状回復義務」とは、故意過失によるこそん汚損・破損を賃借人の費用負担で元に戻す、つまり、わざとや不注意によって室内を汚してしまったり、壊してしまったりした場合は、ちゃんと修理してね(修理代払ってね)という意味合いで理解されていることが多いです。

しかし、「原状回復義務」とは、取り付けたエアコンなどの設備の撤去することも当然に含まれます。

スタッフ
スタッフ

つまり、賃貸借契約上では撤去していただくのが大原則となっているのです。

交渉は自由

しかし、ダメもとで交渉することは自由です。

運が良ければ、物件の大家さんが、また新しくつけるより面倒がないからいいよ!と言ってくれることもないわけではありません。

…。

運が良ければです。

 

スタッフ
スタッフ

しかし、念を押して繰り返しますが、現実的に通らないことがほとんどです。

お客さん
お客さん

ええ!本当ですか?大家さんがいいよって、言ってくれそうですけど!!!

確かに、大家さんは、気楽に、「いいよ!」というかもしれません。しかしながら、それでも、後々のことを考えると、その通りにはならないのです。

その理由は、そのエアコンがの程度がどんな状態か大家さんも賃貸管理会社もわからないので責任が持てないからです。

買取することにより、所有権は、建物の大家さんのものとなり、次回入居者には、そのエアコンにたいする故障などの責任保証は、大家さんになります。

ある意味、出所がわからないエアコンに対して保証責任は持てません。大家さんはそこまで深く考えないで、「いいよ!」と承諾されることもあるので、管理会社としては、詳細の内容を説明しますので、その説明により、「やっぱり、やめとこうか…。」と、たいていなってしまいます。

 

買取してもらえないどころか、請求される場合もある

退去時の立会いで、その時点でエアコンがあると、残置物があるので契約上は、引き渡しがされたことになりません。厳密にいうと撤去する日まで日割りで家賃が発生したりすることがあります。

また、エアコンを放置すると撤去費用を請求されることもあります。

買い取ってもらうこと前提で、退去時にエアコンが残っていると思わぬ出費の原因になることがありますので、ご注意くださいね。

買取業者を利用するという選択肢もある

次の引越し先の住居ではエアコンは必要がない場合にはどうするか?

  • 必要になるケースもあるので、大事に保管する。(実家やトランクルームに預ける)
  • 不用品買取業者に買い取ってもらう
  • 処分する(エアコンの年式が古い場合)

主に上記の3点になると思います。

ご自身のケースに合わせて対応することをおすすめします。

参考情報:

トランクルーム・コンテナ収納の情報「アップルストレージ」

不用品って売れるんです!引越と買取なら[トレファク引越]