RAさとみ第216話「一人暮らしが不安」公開中!
【PR】チャンネル登録してね♪
YouTube『アパマグTV』配信中!
アップルアパマンの公式YouTubeチャンネルです。このチャンネルでは、賃貸物件情報、失敗しない部屋の探し方、賃貸生活の知恵などの動画を配信しています。

賃貸物件の「トップライト」のメリット・デメリット

トップライトとは

トップライトとは、天井についている小窓のことをいいます。賃貸物件で、トップライト付きのお部屋といえば、主にロフト付きのワンルーム(1K)タイプによく見られます。

トップライト

さて、「トップライト」は、お部屋探しの希望条件としてあげられることは、ほとんどありません。しかしながら、この特徴、つまり、メリット・デメリットを知っておくことで、部屋を決める際の選択肢の幅が増えますので、頭のどこかにあると役に立つことでしょう。

メリット

トップライトのメリットは、次のようなものがあげられます。物理的なこと、精神(気分)的なこと、いくつかの角度から、説明します。

採光

窓があることで、必然的に光が部屋に入って明るくなります。

仮に、住宅密集地で、すぐ目の前が建物で日当たりが悪かったとしても、トップライトから、光が入ってくることで室内の雰囲気がとても明るくなります。

換気

トップライトは換気することができます。

一般的なトップライト付きのワンルームは天井高が高いので、特に気温が高くなる夏に「換気」できることはメリットが大きいです。

温められた室内の空気は天井の方にたまります。外出から帰ってきて、天井付近にたまった暖かい空気をトップライトから、出してしまうことで、エアコンの冷房効率をグンと高めてくれます。

また、部屋にこもった料理のにおい。これも同じ理屈で、トップライトを開けて、換気をすることでにおいを外すことができます。

開放感

トップライトがある部屋は天井高が高いケースがほとんど。天井が高ければ、広さが同じ部屋でも開放感が感じられ部屋が広く感じます。それに加え、トップライトという小窓があるので、より、開放感を際立たせてくれるのです。

同じような部屋でどちらにしようか迷った場合は、トップライトがついている部屋を選んでみてはいかがでしょうか?(あくまで、提案です)

デメリット

トップライトのデメリットの説明です。物事はすべてそうですが、メリットがあれデメリットもあります。デメリットをあらかじめ知っていればそれに対する対策ができたり、許容したりできます。

掃除

トップライトは必然的に天井、もしくはそれに準ずる高い位置にあります。ガラスが汚れたからといって、なかなか拭き掃除ができるものではありません。

仮に、長い棒や脚立などを使えば、室内側からは拭き掃除することも不可能ではありませんが、外側からの掃除は、現実的には難しいですね。

トップライトは掃除が極めてしにくいのです。

閉め忘れ

トップライトの閉め忘れは、実損が発生する可能性があるので十分注意してください。

トップライトを開けて、換気をしようと、そのまま外出しようものなら、大変です。突然の雨に降られたりしたら、室内に雨水が入ってきてしまいます。

部屋に置いてある家具家電製品や服などのほか、床や壁などに被害が及ぶこともあります。湿気により、カビ発生や腐食など、自分の持ち物ばかりか、建物のオーナーにも損害を及ぼす可能性もあるのです。

トップライトの閉め忘れには十分注意しましょう!

雨漏り

上記の内容と似ているのですが…。

トップライトは閉めていたのに雨漏りすることがあります。これは、トップライトをはめ込んでいる枠に劣化や施工不良があると発生することがあります。部屋の中にジャージャーと雨が降り注ぐという状況ではなく、雨水が染み出て、壁紙にシミをつくったり、ぽたぽたしずくが落ちるなどの現象があります。

このようなことが発生した場合、速やかに管理会社や大家さんに連絡して修理してもらいましょう。損害の発生を知っているのに通知しないことで、被害が大きくなった場合は、一部は入居者の責任にもなります。お気を付け下さい!

紫外線

トップライトからの日の光には紫外線が含まれます。紫外線は居室のサッシの窓からも入ってきますので、それは、同じなのですが、一方で、居室ならカーテンで、軽減することができます。トップライトでは、カーテンを付けたりという対策はしにくいわけです。

物件によっては、UVカットガラスを使用していることもありますが、どうしても気になる場合は、管理会社を通じて大家さんや建築会社に問合せする方法もあります。(築年数が古くなると、確認できないケースがほとんどです)

まとめ

トップライトは構造的に大きく分けて3種類あります。

  • 蛇腹式で開閉する
  • ヒンジで開閉する
  • はめころし(フィックス)

上記のように構造上の特徴で、メリット、デメリットに該当しないケースもあります。

構造の違いによるメリット

採光換気開放感
蛇腹式
ヒンジ
フィックス

構造の違いによるデメリット

掃除閉め忘れ紫外線
蛇腹式
ヒンジ
フィックス

 

いづれにしてもトップライトの最大のメリットは、室内の明るさからくる気分の良さです。使い方や状況によってデメリットも発生する可能性はあるですが、それらをしっかり押さえれば、メリットしかありません!

お部屋探しの参考にしてくださいね♪