一人暮らしの人必見!朝スッキリ目覚めるための3つのポイント

一人暮らしでも安心!朝スッキリ目覚めるポイントとは

googmorning-knowhow01

目覚まし時計はしっかりセットしたはずなのに。。。

気温が下がる時期になると、なかなかベットから抜けられない、二度寝して、 会社に遅刻したなんていう人いませんか?

特に一人暮らし生活の人は、起こしてくれる人がいませんから、 自分で何とかしないといけません。

みなさんいろいろ苦労しているようで、これは実際にあった事例ですが、ドンキホーテで、バズーカアラーム目覚まし時計を買ってきて、セットしたら、音が大きすぎて、隣近所から苦情殺到。。。

管理会社から注意を受けた。。。

このように目覚めが悪くてお悩みの方に、ぴったりの朝すっきり起きるためのポイントを公開いたします。

下記の3つのポイントが重要です♪

  1. 入浴はシャワーだけでなく、湯船につかろう!
  2. 寝る前の3時間は物を食べないようにしよう!
  3. 朝の光を利用しよう!

 

それでは、上記の各項目を詳しく解説します。

入浴はシャワーだけでなく、湯船につかろう!

38度から40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。

こうすると、からだをリラックスさせる副交感神経が優位に働きます。すると、手足の血流が良くなりますので、高まった余計な熱をからだが放出してくれます。

その働きで、自然の流れで体温を下げてゆき、眠りへと導きます。

睡眠の質を向上させて、翌朝の目覚めをよくするのです。

一人暮らしでは、アパートのバスルームは、3点ユニットバスのタイプも多く、湯船につかることが難しいので、シャワーだけですという人も多いですね。

シャワー派の人のコツを説明します。

シャワーの温度は若干、熱いと感じる程度にします。その温度のお湯で、つま先(心臓から遠い部分)から、徐々に心臓に近い方向へ順々に、あててゆきましょう。

そして、特におなかは、更に念入りに温めます。くるくると円を描くように当てます。

内臓が集中している「おなか」という部分を温めることで、全身の血流を効果的にします。

「シャワーは心臓から遠いとことから、そして、おなかは念入りに!」

と覚えておきましょう。

 

寝る前の3時間は食べないようにしましょう

寝る前の3時間前には食事等をするのは控えましょう。

これは、内臓胃の動きと関係します。

食べてすぐ寝ると、脳は休んでいても、内臓は食べ物を消化するために働き続けます。

睡眠中は体温が下がるようにできていますが、消化活動中は、体温が下がりにくく、快眠できません。

寝る3時間前に食事を済ませておけば、快眠しやすくなります。

そうすることで、体内時計が、機能して、「交感神経」と「副交感神経」をうまく切り替え、目覚めに向けて、胃腸をはじめ内臓各種の活動の準備を始めます。それらの動きで、体温が上昇します。

この体内時計による体温上昇効果が、目覚めをよくするポイントでもあるのです。

 

朝の光を利用しよう!

朝の光を利用するために「カーテンを少し開ける」事をしてみましょう。その目的は、朝の太陽の光を取り込むためです。

体が光を浴びることで、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が抑制されて、結果、睡眠モードから起床モードに切り替わりやすくなります。

しかしながら、あなたのお部屋の状況によって、「カーテンを少し開けて寝る」ことができないことをあるでしょう。

たとえば、カーテンを開けていると夜でも外の街の灯りがまぶしいとか、逆に、朝になっても周りは壁なので、明るくならないという人もいるかもしれませんね。

そういった場合は、カーテンを開けて寝るということはできませんね。

このような場合、太陽の光を浴びることはできないのですが、「光目覚まし」というアイテムで、室内を明るくすることで、寝覚めを助けることもできます。

「光目覚まし」とはタイマーをセットしておけば、起きる時間に合わせて、照明がつくという家電です。

また、最近ではAmazonエコーやグーグルホームなどのAIスピーカーと部屋の照明器具を連動させて、

アレクサ、電気をつけて!

(Amazonエコーの場合)

と、話しかけるだけで、室内を明るくするということも可能です。

Amazon | Echo Spot - スクリーン付きスマートスピーカー
スクリーンが加わりさらに便利に。「アレクサ」と話しかけるだけで、天気予報や予定、曲名、鉄道の運行状況など様々な機能を音声だけでなく画面で確認可能に。スマートホームの操作や、家族や友達とのビデオ通話も。
「おはよう」設定で、カーテンをあけたり、テレビをつけたり、機能をグルーピングさせたりも可能です!

 

AIスピーカーは、是非、検討していただくこと良いです。

尚、アパマンショップでは、「AIスマートルーム」キャンペーンを実施中です。(2018.12.01~終了時期 要確認)

アパマンショップのホームページで、特定の物件をご契約いただくと、AmazonエコーとeRemoteが、もらえますので、お部屋探しは、アパマンショップでお探しすることをおすすめいたします。

また、当サイトのお部屋探しリクエスト登録でも、「AIスマートルームキャンペーン対象物件希望」の旨をご記載の上、送信いただければ、該当物件をご紹介させていただきます。

>>お部屋探しリクエスト登録はこちら!

 

まとめ

バズーカ目覚ましだと、アパートの管理会社の方から注意を受けてしまうかもしれませんし(笑)。

一人暮らしの生活では、時間も自由なだけに、ゲームや、ネットを見たり、ついつい夜更かしをしてしまいがちですね。

特に冬は朝は気温が低く寒いので、余計に起きられません。

上記の3つのポイントを活用して、ひとり暮らしでも、さくっとした朝の目覚めができるようになってくださいね。

 

※この記事は一般的な方なノウハウであります。個人によって、異なります。特定の症状や、重度の体調不良がある場合は、医師等にご相談ください。

 

参考情報

Amazonエコーとは?は、Amazonの公式ページから、詳しくご覧ください。

Amazon.co.jp: どんな時に使えるの? Amazon Echo: Amazonデバイス・アクセサリ
Amazonデバイス・アクセサリ の優れたセレクションからオンラインショッピング。

 

スポンサーリンク
アップルアパマン公式SNS
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アパマグの更新情報をタイムリーにGETしよう!
アップルアパマンLINEのお友達募集中

アップルアパマンLINE@はお友だち募集中です。

アパマグに掲載の記事の更新情報はもちろん、スタッフおすすめ物件情報などを配信しております。ポータルサイトでは得られないオリジナルコンテンツで、あなたの賃貸ライフを明るくハッピーにしてください♪

※個別トークは配信されませんので、情報を受け取るだけです。ご安心ください。

アパマグ編集部。

お部屋の探し方や、賃貸生活のお役立ち情報を配信してます。
お暇な時に、さらっと読んでいただけたら、この上ない幸せです♪

賃貸生活の知恵
シェアする
アパマグ